妊娠と基礎体温の関係

妊娠したいと考えている人は、生活習慣について見直す必要がある。例えば、基礎体温を毎朝付ける習慣を付ける事だ。

健康と医療 関連情報

 リレー・フォー・ライフは1985年にアメリカ対がん協会の医師が、がん患者の支援やがんの征圧、予防を訴えて始めた。日本では06年に茨城県つくば市で初めて開催され、07年は東京など2カ所で開かれた。3年目の今年は室蘭の後、9月13〜14日に兵庫県芦屋市、同14〜15日に横浜市、10月11〜12日に高知県南国市、徳島県小松島市、大分県由布市で開かれる。  記憶は、神経細胞が変化して、信号が伝わりやすくなることでできると考えられており、細胞の変化にはカルシウム濃度がかかわる。神谷教授らは、カフェインでこのたんぱく質を刺激すると、細胞内のカルシウム濃度が通常より上がり、信号が伝わりやすくなることを確かめた。  在宅や病院、特別養護老人ホームなどを対象に80年代、認知症をもつ高齢者の割合を調べた実態調査を使い、国立社会保障・人口問題研究所の将来推計人口から算定した。 がん患者や家族、支援者らが夜通し歩き、がん征圧や患者支援を訴える「リレー・フォー・ライフ」(日本対がん協会など主催)が30日、全国6カ所のトップを切り、北海道室蘭市の祝津臨海公園で始まった。約500人が参加。31日正午まで、チームを組んでリレーしながら24時間歩き続ける。