妊娠と基礎体温の関係

妊娠したいと考えている人は、生活習慣について見直す必要がある。例えば、基礎体温を毎朝付ける習慣を付ける事だ。

健康と医療 関連情報

 リレー・フォー・ライフは1985年にアメリカ対がん協会の医師が、がん患者の支援やがんの征圧、予防を訴えて始めた。日本では06年に茨城県つくば市で初めて開催され、07年は東京など2カ所で開かれた。3年目の今年は室蘭の後、9月13〜14日に兵庫県芦屋市、同14〜15日に横浜市、10月11〜12日に高知県南国市、徳島県小松島市、大分県由布市で開かれる。 国立病院機構東京医療センター(東京都目黒区)にくも膜下出血で入院中の40代男性が29日、臓器移植法に基づく脳死と判定された。30日午後から臓器の摘出が始まる予定。97年の法施行後、75例目の脳死判定で、臓器移植としては74例目。日本臓器移植ネットワークによると、心臓は国立循環器病センター(大阪府吹田市)で40代男性、両肺が岡山大で10代女性、肝臓が大阪大で50代男性、腎臓は東京女子医大の30代男性、もう片方の腎臓と膵臓(すいぞう)は広島大で40代女性に移植される見通し。 アスパラガスに含まれるアミノ酸の一種「アスパラギン酸」が、神経細胞で情報伝達にかかわる仕組みを、岡山大大学院医歯薬学総合研究科の森山芳則教授(生化学)らが突き止め、米科学アカデミー紀要電子版に発表した。この仕組みの異常で、発達障害などが起こる難病になる可能性も示され、記憶・学習の仕組み解明につながりそうだ。  ただ、算定に使った80年代調査は当時の知見から、認知症とされた人はアルツハイマー型や脳卒中後の重症患者に限られていた。その後、診断技術が向上したほか、認知症の原因となる別の病気がみつかり診断基準が明確になっている。これらを考慮すると、今回の推計より患者数は増える可能性がある。